医療機関に頼らなかったクマ治療

クマの悩み

クマの悩み / クマ治療に必要なのは生活習慣 / 身の回りを見直すことが大切だと気付かせたクマ治療

私は、40歳を過ぎてから目の下のクマに悩み続けていました。
30代までは徹夜をしても多少無理をしてもクマなどできることがなかったのですが、40の声を聞いたとたんに体調に関係なくクマができるようになってしまいました。
初めのうちはあまり気にしていなかったのですが、家族や会社の仲間から「クマがすごいね」と言われることが多くなるとやはり気にしてしまいます。
鏡をよく見ると確かにクマがあり、これが年齢よりも老けて見せているようでした。
しかし、私は病院が嫌いなので、まずはネットで調べたクマ改善を試してみることにしました。
それは両手の人差し指で目頭から目の下、目尻にかけてやさしくマッサージをすることと、上のまぶたを手で押さえて下のまぶたを持ち上げて目を閉じる方法の2つです。
調べたところによると、クマができる原因は血行が悪くなっていることと目の下の筋肉が緩んでいるからとのことで、これら2つの方法はそれを一挙に解決するという触れ込みでした。
ところが、入浴時に湯船に浸かって血行が良くなったときにマッサージを50回、目を閉じるのを40回ずつ毎日行うこととして半年続けてみましたが、全くと言ってよいほど効果を感じることがありません。
そうこうしているうちにどんどん範囲が広がっていくような感じになってしまったため、しかたなく医療機関でのクマ治療を受けることにしました。
これらの食材を多く食べると共に、脂肪分の少ないタンパク質や全粒粉のパンなどを積極的に摂るようにしました。